Tets' gadgetry blog

Maker的なもの、電子工作、アート、サイエンス、DIY、旅行 etc.

MARY に Colorduino をつないでみる

MARY で mbed のLチカをやってみて、CPUが同じなのだから何ということはないのだけど、Colorduino をつないで動かしてみることにした。
mbed で対応したのは LPC1114/102 で、MARY に載っているのは LPC1114/301 と若干違う。 フラッシュの容量は同じだが、RAM は 301 の方が 8KByte と倍、ピン数も多くて GPIO も多い。 mbed LPC1114 のピンアサインは mbed.org のこちらページにある通りで、
mbed LPC1114のピンアウト
これと MARY のピンの対応を調べてみた。

MARY-mbed ピン対応
301 のみにあるために mbed にはない GPIO もあり、それらはそのままでは使えないが、まあそのまま使える所を使えばよい。
ブレッドボードは使えないので、ちょっとピンソケットとにケーブルをはんだ付けしてつなぎ替えた。 I2C はチップの入出力が5Vトレラントということで、そのままつないだ。

MARY で Colorduino を動かす

LPC1114/102 でやったことがそのままできた。(当たり前だけど。)
スポンサーサイト
  1. 2013/12/22(日) 16:00:00|
  2. 電子工作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2013年の流行 | ホーム | mbed の I2C を使ってみる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tetschan.blog.fc2.com/tb.php/30-a16d5667
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

てっちゃん

Author:てっちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (17)
電子工作 (74)
アート (25)
Maker (16)
サイエンス (19)

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR